相続なんでも代理人

限定承認 【げんていしょうにん】

限定承認とは、相続人が遺産を相続するときに相続財産を責任の限度として相続すること。相続財産をもって負債を弁済した後、余りが出ればそれを相続できる。負債を相続したくないときに使われる。相続人であることを本人が知った日より3ヶ月以内に限定承認または相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は「単純承認」とみなされる。

用語集へ戻る