相続なんでも代理人

遺言執行者 【ゆいごんしっこうしゃ】

遺言者の死後、その遺言内容を執行する者。遺言書に相続人の排除や排除の取り消しと、子供の認知の指定がある場合は、遺言執行者だけがその申し立てをおこなうことができるため、遺言執行者は不可欠。遺言執行者は、被相続人の配偶者など相続人がなることもできますが、財産状況や相続人関係が複雑であったりする場合は、事前に弁護士・税理士・司法書士など第三者の専門家に依頼しておくことが望ましい。

用語集へ戻る