遺産相続Q&A

Q1. 「遺言書」の種類とは?

一般的に「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」のどちらかの選択になりますが、安全性や相続手続きの迅速性か...[続きを読む]

Q2. 「遺言書」ってどう書くの?

「遺言書」は家族や親しかった人たちなどに、自分の意思を伝える手段です。
「遺言書」には、生前の感謝...[続きを読む]

Q3. 財産調査と相続

相続は、財産や権利・義務をそのまま受け継ぐということです。相続人は自分の相続したい財産の一部分だけを...[続きを読む]

Q4. 生前贈与とは?

生前贈与とは言葉通り、生きているうちに贈与を行うことです。そこで、気になる「贈与税」について、朗報です。平成21年4月より「相続時精算課税制度」がはじまり、65歳以上の親から20歳以上の子供に対する、2500万円(住宅取得目的なら3,500万円まで)までの贈与に対しては、贈与税を払わなくても良い(相続時に清算する)ことになりました。

「相続時精算課税制度」は、従来の贈与税課税方式(年110万円までの贈与は非課税で、それを超える分には累進税を適用)との選択性で、利用するには贈与を受けたときに税務署に申告する必要があります。

この制度がはじまったことにより、税金の心配をせずに、一度にまとまったお金を生前贈与できるようになりました。

生前贈与をすれば、「お金が必要な時期に贈与できる」「親の意思でスムーズに贈与できる」「相続争いが起こりにくい」などのメリットがあります。

Q5. 相続とは?

相続とは?

「相続」とは、財産などのさまざまな権利・義務を他の人が包括的に承継することです。人...[続きを読む]

Q6. 相続人になったら

相続人になったら、こんな手続きが必要です。

■遺言書の有無を確認しましょう。
相続人や被相続...[続きを読む]

Q7. 法定相続人とは?

遺言による相続分の指定がない場合は法定相続分によることとなり、具体的には次の通りとなります。

...[続きを読む]


[遺産相続専門事務所一覧]